お茶うがいで風邪予防

日本茶の文化

のどの痛みはお茶のうがいが効果的

風邪の時の喉の痛みはウイルスが原因で起こりのどの痛み以外にも発熱や鼻水、くしゃみなどの様々な症状がでます。
のどの痛みはかぜ以外にも喫煙や飲酒、大声を出したときに生じる痛み、空気中の埃や排気ガスなど様々な要因で起こるものです。
お茶の成分であるカテキンには殺菌作用があり水でうがいするよりも効果的です。
緑茶にはビタミンCも多く含まれているため粘膜を修復する効果もあります。
使うお茶は出がらしのお茶をさまして使います。
一番茶でなくても色が少しついている出がらし茶で十分な効果があります。
風邪の予防には保湿と殺菌が大切ですからうがい薬ですとして効果があります。
ビタミンCはサプリメントでとることもできますが緑茶に含まれている成分は天然ですから体にもなじみやすいものです。
インフルエンザウイルスの増殖を阻止する力がありますからインフルエンザ予防にも効果があります。
お茶のうがいは虫歯予防や口臭予防などにも効果的です。

風邪予防につながるお茶でうがい

世界で日本の食文化が注目されることによって、日本古来で飲料の部分を支えていた緑茶の健康効果注目されるようになっています。
緑茶は茶葉を発酵させずに作るお茶で、発酵させるお茶に比べて抗酸化物質が多く美容効果が高くなります。
そのお茶の飲み方としては乾燥させた茶葉をお湯で抽出して飲むのですが、それ以外にもお茶をうまく使うと冬の時期に多くなる風邪予防に効果を発揮します。
その方法の一つは当然ながら飲むことですが、その飲むという行為と同じく外出した際の帰りや起きた時の朝におすすめなのがうがいとして使うことです。
うがいとして使うのがいいのはつよい殺菌作用を持つカテキンが含まれているためであり、飲み終わり薄くなった物でもうがい用としても最高の効果を持ちます。
その方法としては濃いままでは喉を傷めてしまうため薄くなった状態で、口に含みそれを10秒含んで捨てるだけでカテキンが喉の雑菌を殺菌してくれるのでウィルスが入り込むことでの病気を防いでくれます。

check

海洋散骨
http://ginga-net.com/plan/ocean/

最終更新日:2016/1/28

 

Copyrights(c) 2015 日本茶の文化 All Rights Reserved.