代表的な効果・効能

日本茶の文化

こんなにあるお茶の効能

日本人の生活に欠かせないお茶、特に緑茶の効能は広く知られていて、今や世界中で愛される飲み物となっています。
その効能を、改めて知識として身につけておくと、生活の中でより生かすことが出来ます。
まずは大きく取り上げられている効能として、ガン予防です。
近年、ガン抑制に緑茶が一番効果ありという研究発表が多く出されています。
緑茶には、細胞のガン化を予防するポリフェノール、カテキン酸が含まれており、その他含まれている成分のビタミン類が発ガン性物質の作用を抑制するということです。
また、血圧上昇物質の生成阻害作用をし動脈硬化をも予防することが分かっています。
次に代表的なものとしてあげられるのが、その殺菌力です。
食中毒の予防の良い例として、寿司とお茶の組み合わせです。
食中毒をおこす菌の40%を占める腸炎ビブリオ菌は、お茶に出会うと死滅します。
死滅までとはいかなくても、毒素型ぶどう球菌やコレラ菌への殺菌力も発見されているのです。
食事とともにお茶を頂くのは理にかなっているのです。
その他にも歯を強くするフッ素、ダイエット効果に脂肪を分解する酵素の働きを持つタンニン、元気な赤ちゃんを産むために妊婦さんに必要な亜鉛、美容健康に効くビタミンC、老化防止にビタミンEを上回る効果のある成分、その他多くの役立つ成分が含まれているのです。

お茶の代表的な効能

お茶にはカフェインが含まれるために、眠気を覚まして気分をすっきりとさせる効能があります。
戦国時代の武将は、茶の湯を楽しむことで精神を統一していましたが、無意識のうちにカフェインの効果も得ていました。
寝る前に飲むのはよくありませんが、朝の仕事前であれば最適な飲み物です。
夜に飲む場合には、カフェインが非常に少ないほうじ茶がおすすめです。
お茶に含まれるカテキンには、抗菌や抗ウイルスなどの優れた作用があります。
風邪予防のために、お茶でうがいをする習慣も根付いています。
緑茶であれば特に優れた抗酸化力がありますから、化粧品の材料としても使われます。
玉露のような高級なお茶には、旨味成分のテアニンが特に多く含まれています。
テアニンには精神をリラックスさせる効能もありますから、イライラしやすい人にも向いています。
香り高い抹茶を使う場合でも、テアニンの効果が高くなり、食物繊維の摂取量が増えて便秘の解消にも効果的です。

注目サイト

2016/1/28 更新

 

Copyrights(c) 2015 日本茶の文化 All Rights Reserved.