お茶の種類と豆知識

日本茶の文化

お茶に関する豆知識

お茶とひと口に言っても色々な種類があります。
最近はペットボトルのお茶も充実していて、世界の茶をペットボトルで売られているお茶から知ることがあるほどです。
あれだけたくさんの種類があり、色も香りも全く違うので、茶の木は何種類もあると思っている人も多いと思いますが、お茶の木はチャノキという木で、色や香りが違うのは、加工方法の違いから現れるものなのです。
麦茶やそば茶、ドクダミ茶や昆布茶、ハーブティーなどは、文字通りチャノキのお茶ではありません。
日本人に最も馴染みのある緑茶は、酸化発酵をしていない茶葉です。
それとは対照的に、酸化発酵をしている茶の代表的なものが、紅茶です。
茶葉の中の酵素と成分が反応することによって、味も変わってくるのです。
緑茶と紅茶について挙げましたが、中国茶は、色で区別されています。
ウーロン茶に代表される青茶、プーアル茶で有名な黒茶、黄茶や白茶と呼ばれている種類もあります。
茶の生産量の多い国は、中国、インド、スリランカです。
意外なところで、アフリカのケニアも、茶の生産量が多いです。
食料自給率の低い日本ですが、茶の生産量は多く、2010年現在、世界第10位にランクインしています。

発酵度によるお茶の種類

お茶といわれて思い浮かべるものは緑茶や紅茶、ウーロン茶などがありますが、これらはすべてチャノキといわれる樹木の葉っぱから作られています。
同じチャノキから作られているのに緑茶や紅茶など名称が違うのには、発酵度が違うことにより分類されています。
お茶は発酵度により緑茶、白茶、青茶、紅茶、黄茶、黒茶に分けられています。
緑茶はすぐに加熱をして発酵を止めている不発酵茶、白茶は発酵度が小さい弱発酵茶、青茶は発酵をある程度進めてある半発酵茶、紅茶は完全に発酵してある発酵茶になります。
黄茶と黒茶は後発酵茶と呼ばれるもので微生物による発酵を行う製法になり、発酵度の違いから黄茶は弱後発酵と呼ばれ、黒茶は後発酵茶と呼ばれます。
そして産地により同じ分類のお茶でも色や味、風味が違うためさまざまな産地のものを飲み比べると自分の好きな味を見つけることができます。
またどくだみ茶やそば茶、ハーブティーなど色々なお茶と付くものがありますが、厳密にお茶と読んでいいものはツバキ科ツバキ属のチャノキから作られるものだけになります。
しかしどくだみ茶やそば茶、ハーブティーなども様々な効能があるものが多いですが、注意点があるものもあるので気をつけて飲みましょう。

Valuable information

アメリカ ボーディングスクール
http://www.kaigairyugaku.biz/meimonkoukou/
引越し業者 ランキング
http://www.markdoty.org/ranking/
グローバルコミュニケーション
http://www.obirin.ac.jp/global_communication/
更年期サプリ ランキング
http://caravelcms.org/ranking
五反田 歯科
http://mitsuma-dental.com/
小型カメラ
http://www.boutai.net/product-list/48
多汗症 対策
http://www.nayami-go.com/%E8%87%AD%E3%81%84%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF/
チラシ印刷
http://www.print-value.net/

Last update:2016/9/7

 

Copyrights(c) 2015 日本茶の文化 All Rights Reserved.